コンテンツへスキップ


株式会社ヒューマンコンパスは
創造的価値のある健康づくり・身体づくりを提案します。

眠っている能力をコンサルティング
まだまだ十分に使われていない筋肉・神経・機能(運動・脳)を目覚めさせ、

自らの最高のパフォーマンス(健康・スポーツ・ビジネス)が発揮できるようにサポートします。

最高の結果を見出すためにはコンディショニングの可視化・客観化
が重要であると私たちは考えます。
パフォーマンスはコンディショニング(外的・内的)によって常に変化します。
この変化に対応するためには継続的なサポートが重要だと考えます。
継続的なサポートを実現するためには現場に眠る情報を
ICTを活用して可視化・客観化します。
最高のパフォーマンスを目指して新しい創造的価値を見出すことに挑戦します。


 Mission
    創造的価値のある健康づくり・身体づくりを世界に発信
 Vision
・1人1人にあった創造的価値のある健康・身体を創りを提案いたします。

・クライアントの課題を可視化・客観化して情報の共有を図ります。
・世界に通用する健康・身体創りシステムを構築いたします。

 

 信頼できるサービスの構築

Human Compass
自治体・企業・健康組合・共済組合・医療施設・
介護施設・フィットネスクラブの健康づくりの
企画から運用・サポートまでワンストップでご提供いたします。

教育機関・競技団体・スポーツ団体の
運動能力・競技能力向上のための
企画から運用・サポートまでワンストップでご提供いたします。

お問合せ 072-226-5733


全国各地での講演・研修会・教室を通して学んだ多くのニーズを分析して、
心に響く健康づくり・身体づくりの講習会・教室を実施いたします。

長年培ってきたデータにより、講演・研修会では参加されている方との
最適なコミュニケーションを構築いたします。
蓄積されたデータからクライアントのニーズを予測、分析することによって
ご自身が気づかれていない潜在的ニーズを発掘し、ご提案いたします。
コミュニケーションの取り方のノウハウをデータベース化して、
 年齢層別、地域別、組織別によってコミュニケーショスキルの内容を対応させております。

 


映像から健康・体力・競技能力の可視化します。
身体動作を映像分析することにより
身体的コンディショニング、精神的コンディショニング
をチェックします。

映像から、体全体の一連の動きに着目して様々な観察・評価を行います。部分的評価ではなく、全体的評価を行うことで、時系列的に問題点を抽出することができます。
ご自身では気づかれていない問題点をご提示し、ご要望に合わせて解決いたします。歩幅(ストライド):脚筋力 / ピッチ:敏捷性/関節角度:柔軟性・筋力

 


良いフォーム(合理的な動き)は身体構造の違いにより1人1人異なります。
クライアントにとって最適なフォーム・トレーニングをご提案します。

 

動きを改善するために必要な身体の使い方(筋力・柔軟性・バランスなど)をご提案いたします。
人間の身体をヨットで例えると背骨(脊柱)はマスト、筋肉はロープになります。
歪んだマストを調整するためにはロープの張り具合を調整することが必要となります。
ロープの張り具合の張力が筋力、ロープの遊びが柔軟性となります。

 


健康づくり支援システム、問診結果や健診結果のデータベース化をサポートします。
健康の「見える化」をご提案します。

健康が大切だということは誰しも理解しています。
健康に対するイメージは人によって異なります。そのため、自分の言葉が必ずしも相手に通じるとは限らなりません。そのため、健康を「数字」で表します。
健康づくり事業の肝は、健康状態を数値化し客観的なデータにすること、健康の「見える化」が大切だと考えています。

 


健康・スポーツ・ICTの最前線で活躍したプロフェッショナルチーム

・独立行政法人国立病院機構 京都医療センター臨床研究センター臨床研究企画運営部研究員
・財団法人救急振興財団 救命救急東京研修所救命救急士養成研修講師(ストレスマネジメント・運動学)
・日本肥満学会 生活習慣病改善指導士カリュキュラム委員
・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
・日本スポーツ協会公認クラブマネージャー
・日本トレーニング指導者協会上級指導者
・システムアナリスト(国家資格)


主な事業内容

「動きたくなる」をベースにした健康づくり講演会・研修・教室
Lead to health strategy
  

   様々なご要望に応える講演会・研修・教室を実施いたします。

健康は大切だと思っている人の半分近くの人は
何もしていません!

身体と心の健康力を高める研修・教室
「健康に良い」といった理性に訴えるメッセージでは
人の行動は変わらないのですが、
心に響くメッセージであれば人は行動を起こします。

人間の行動を導く戦略を用いた
身体と心の健康づくりを行うHCプログラムです。

 

「楽で気持ち良い」「面白い」「コミュニケーション」がコンセプト

健康づくりの取組をおこなっているが、思うような効果が得れないという自治体様向けプログラムです。
思うような効果ができない原因としては日常生活の中に健康づくりが組み込まれていないからだと考えています。ヒューマンコンパスでは日常生活の中で健康づくりを誘導する仕組みを構築します。健康づくりを無理なく自然に行え、健康づくりの楽しさを日々経験してもらうプログラムです。運動プログラムは眠っている筋肉、神経を目覚めさすエクササイズをご提供します。
眠っている筋肉、神経が動き出すことによって新しい身体感覚を経験します。ご自身の身体の可能性を見出すことによって健康づくりに対して積極的に行うことができるようになります。
このプログラムを可能にしているのは全国の自治体様の健康づくりに関わってきたヒューマンコンパスの信頼度と経験値です。

「楽で気持ち良い」「効果が見える化」「短時間」がコンセプト

社員の健康は企業にとって大きな財産であり、ビジネスの原動力になります。食習慣・運動習慣・休養などが原因で生活習慣病を発症すると経済的損失が個人にも企業にも関わってきます。そのため、多くの企業は社員の健康づくりの取組をしていますが、十分な効果は上げられていません。その原因の多くは健康づくりが点で終わっているからです。日常生活の中で自然に健康づくりができることが点から面にするポイントになります。
健康づくりは日常生活、さらにはビジネスの場面でもちょっとした工夫で実施できます。創造的な工夫を行うことでワクワク感が増します。
健康づくりを面で行うことにより、健康がベースになりビジネスの活力につながるのです。
時間の有効活用、ちょっとした工夫が身体と心の余裕を生み、仕事に対しての活力を生みます。
ヒューマンコンパスでは健康づくりを面で行うための戦略として行動観察をベースとしたR-PDCA理論
活用して企業様の健康をサポートします。

「楽で気持ち良い」「スポーツ」「生きがい」がコンセプト

健康保険組合様の財務状況の悪化が報告されています。65歳以上の高齢者の医療費の負担が大きいのが原因です。健康のベースは20歳代から始まります。身体のあらゆる機能は20歳代をピークに衰え始めます。体力の貯蓄をしなければならない30歳代に何も運動しないでいると仕事で正念場を迎える40歳代、50歳代では体力は加速度をつけて衰え始めます。
60歳代になって健康づくりを行なっても、20歳代から運動をしている人との体力差は大きく開いています。元気な20歳代、30歳代の健康づくりが非常に大切です。身体の衰えを感じる前に始めるためには様々な身体を動かすための戦略
が必要です。
ヒューマンコンパスでは各年代のニーズを分析して、最適な健康プログラム戦略であるLead to health strategy Programをご提案いたします。

「ニーズ分析」「効果の見える化」「コミュニケーション」がコンセプト

ライフスタイルの変化に伴って、健康に対する取組や意識も変化してきています。そのため、今までのような一方通行のサポートではお客様のニーズに答えられなくなってきています。そのため、ニーズを予測することが重要になります。ニーズを予測するためにはお客様が気づいていない潜在的ニーズを見つけることが大切です。潜在的ニーズはお客様の何気ない動作から見つけることができます。

ヒューマンコンパスではこの何気ない動作を行動観察手法を用いて、お客様が気づいていない潜在的ニーズを見つけ出し、サポートをいたします。

 


スポーツパフォーマンス向上のためのサポート事業
Strategy for sports performance

トレーニング・コンディショニングに関するセミナー
トレーナー・ストレングスコーチの派遣
マラソンサポート・Kakekko.Club

HumanCompassはスポーツパフォーマンス向上のための様々な外敵要因、内的要因を分析します。スポーツ現場にある直面したニーズから将来ニーズまでをサポートいたします。点のサポートではなく面のサポートであるトレーニング・リカバリー・栄養・メンタルまでワンストップでご提供いたします。
HumanCompassはジュニアからトップアスリートまでサポートしてきたノウハウをデータベース化し、発展させたCreative strategy(創造的戦略)
 であらゆる状況において最適なサポートをいたします。

 

 

 

 

HumanCompassのスポーツセミナーはジュニアスポーツのサポートを中心に行なっています。成長段階であるジュニア(20歳未満)においては、成長速度は子どもによって異なります。そのため暦年齢と生物学的年齢が異なるということがおきます。ジュニアの成長段階に合わせたサポートを行うためには指導者、保護者との情報の共有が不可欠と考えております。
HumanCompassではセルフケアのセミナーも行います。ジュニアでは指導者、保護者のサポートを受けていますが、自分で出来ることは自分で行うということが大切だと考えています。トップアスリートほどセルフケアを行なっています。

小学校・中学校の指導者・保護者向けセミナー例
・ウオーミングアップ・ダウンプログラム
・身体を巧みに動かすプログラム
・ジュニア期のトレーニングプログラム
・子どもの見て学ぶ力を高めるプログラム
・子どもの動きの分析プログラム
・子どもの怪我予防           など
選手向けセミナー例
・セルフストレッチング
・セルフテーピング
・応急処置               など

ご要望に合わせたセミナーも実施しております。

主な講演実績:大阪府教委委員会・大阪市教育委員会・大阪マラソン医事委員会・和歌山県高校リーダー研修会・羽曳野市立中学校

 

HumanCompassでは企業、学校、、部活動、クラブチーム、個人、大会等にトレーナーを派遣いたします。派遣先の様々なニーズに対応できるようにトータルしたサポートを行います。日本においてはトレーナーはメディカルサポート、トレーニングサポート、コンディショニングサポートなど様々な能力が必要となります。
HumanCompassでは事前に様々なリサーチを行い、最適なサポートが取れるような体制を構築いたします。個人情報保護を遵守した上でリサーチした情報をデータベース化し、より良いサポートができるように務めています。

サポート内容としましては下記の通りです。
・一般的トレーニングサポート
・専門的トレーニングサポート
・スポーツ障害予防
・アスレティックリハビリテーション
・体力測定、評価
・動作分析
・救急処置

主なサポート実績:日本ラグビーフットボール協会・中国電力ラグビー部・阪南大学硬式野球部・桃山学院大学陸上競技部・和歌山北高校陸上競技部

 

 

 

HumanCompassは身体構造にあった走りかたをご提案いたします。速く走る人のランニングフォームを参考にされる方が多いですが、全てが正しいとは限りません。人間は1人1人、身体構造が微妙に異なります。脚の長い人もいれば、短い人もいます。スピードがある人もあれば無い人もいます。身体構造・特性が異なると走りかたは変わるのです。身体構造に合わないランニングフォームは身体にストレスをかけます。ストレスをかけるランニングフォームは怪我の原因になるだけではなく、速く走れない原因となります。

サポートコンセプト 
医科学的に正しい方法で初心者からトップ市民ランナーをサポートします。
・最近、ランニングを始めた
・楽しく走りたい、ダイエットしたい
・フルマラソンを完走したい、大阪マラソン、東京マラソン、名古屋マラソンに出場したい
・タイムを短縮し、サブ4・サブ3.5、サブ3を達成したい
・年齢を重ねてもタイムを向上したい

 

 

Kakekko.Clubは子どもの速く走りたい、運動神経を良くしたいをサポートします。
子どもによって成長速度は異なります
成長段階に合わせたプログラムを提供いたします。走り方を教えるのではなく身体の使い方を教えます。いいフォーム、速く走れるフォームというのは個人によって異なります。トップ選手の真似をしただけで速くなるわけではありません。速く走れない原因も個人差があります。
Kakekko.Clubでは動画分析アプリを使って、個人に最適なフォームをご提案いたします。
・500種類以上あるエクササイズから最適なフォームを学びます。
・視覚、聴覚、触覚刺激をエクササイズに取り入れ集中力アップ
・動作分析アプリを使って指導、動きのイメージをマッチング

 


プロフェッショナル人材育成事業
Human resource development

HC健幸運動コーディネーター
HCトレーナー
Kakekko Club Coach

 

HC健幸運動コーディネーター育成
心に響くコミュニケーションをベースにした健康づくりのプロフェッショナルを育成します。プログラムの内容は医療・研究機関のエビデンスのある情報を元に全国各地で健幸コーディネーターとして活躍している松井 浩がプロディース・講師を担当をいたします。
HC健幸運動コーディネーターの魅力
・全国各地で開催してきた健康づくりのメソッドを習得することができます。
・最新の健康に関する情報が入手できます。
・様々な医療関係者・施設とのネットワークが構築することができます。
・健康関連におけるニーズ分析等、経営戦略を習得することができます。
・特許申請中のMIZO Barを使った身体機能改善プログラムを習得できます。
HC健幸運動コーディネーターの活躍場面
・地域の健康づくりを担うことができます。
・企業の健康リーダーとして企業の活性化に貢献できます。
・健康運動施設で健康づくり・身体づくりをサポートすることができます。

HCトレーナー育成
スポーツ現場のニーズを分析し、ニーズに対応できる現場力のあるトレーナーを育成します。
スポーツ現場のニーズは様々であり、そのニーズに対応するには様々な知識と技術を必要とします。スポーツだけの知識ではなく、ボキャブラリー(知識の引出し)の豊富さが大切になります。そのため HCトレーナー育成では経営戦略的手法を用いた講義・実技を行います。
世界ユース・ジュニア陸上日本代表、2001~2002ラグビー日本代表ヘッドトレーナーを務めた辻 和哉がプロディースいたします。
HCトレーナーの魅力 
・子どもからトップアスリートまでサポートしてきたメソッドを学べる。
・様々なスポーツ関係者・施設とのネットワークを構築することができる。
特許申請中のMIZO Barを使った身体機能改善プログラムを習得できます。
HCトレーナーの活躍場面  
・地域スポーツのサポートができます。
・中学、高校の部活動のサポートができます。
健康運動施設で健康づくり・身体づくりをサポートすることができます。

Kakekko.Club Coach 育成
子どもの成長
に合わせた、かけっこ能力・運動能力向上をサポートするプロフェッショナルを育成いたします。発育過程の子どもにとって様々な動きを学ぶことが大切になります。Kakekko.Club Coachでは多くのエクササイズとエクササイズの応用方法を学んでいただきます。ベースのエクササイズから子どもの動きに合った応用エキササイズ、さらには創造的エクササイズに発展できるようにアドバイスをいたします。
Kakekko.Club Coachの魅力 
・子どものかけっこ能力、運動能力向上のために指導方法を学べる。
・子ども、親御さんのニーズにあったプログラムを学べる。
・陸上教室、かけっこ教室を開講することができる。
Kakekko.Club Coachの活躍場面 
・幼稚園、小学校でのかけっこ能力、運動能力向上
・中学、高校の部活動におけるスピード向上
・陸上教室、かけっこ教室

 

 


・コンピュータソフトウェアの設計・製造・販売

クラウド型顧客管理システム
健康施設・スポーツ施設の業務を把握し、業界のICT化を提案、ソリューション開発

顧客管理システムパッケージ開発
健康施設・スポーツ施設向けの、顧客管理パッケージの企画、開発

 

 

 


・機器の開発・販売及び仲介斡旋業務

MIZO Bar ®︎  (特許申請中)
MIZO Barは体の歪みの矯正と筋肉をストレッチを目的として開発されたストレッチ補助器具です。
蒲鉾形の弾力性のあるBarで椎骨を収容可能な溝が形成されています。この溝とBarの弾性を利用
して椎骨の動きをサポートし、身体の歪みの矯正と筋肉の緊張緩和を行います。

予想される効果:姿勢矯正・肩こり、腰痛改善・スポーツパフォーマンスの向上

 

 

 

 

 

 

 

 

 



株式会社ヒューマンコンパス 〒590-0065 大阪府堺市堺区永代町4-5-11
2000-2018 Human Compass Co.Ltd.All Rights Reserved